人生55日目

HAGIRE.(1)

f:id:poinorou:20190912005835p:plain

静的ページを作ってdevice gemを導入した。
これ頭おかしいよ強力すぎる。
一瞬でログイン機能を実装してしまった。
強力すぎて内部がどうなっているかわからないので、好きなように弄りにくいのが難点。
特にflashメッセージのコントロールが普通にはできないため、常にページ上部に余白が発生してしまう。
なので、一旦諦めてエラーメッセージなどは自分で定義したものを使うことにした。 あと、強力すぎるのでまずはdeviseを導入してから他の部分作るべきですね。
名前つきルートもチュートリアルとはずいぶん違ってしまうようなので、$ rails routesしながら確認していこう。

Bootstrap

これも便利すぎる。最初はフルスクラッチで書いてたからなあ。
だんだん慣れてきて、仕組みがわかってきた。
グリッドレイアウトは以前サイトを作った時に触っていたので、Bootstrapのグリッドの使い方も分かって楽しい。
特にこちらはheightを自動調節してくれたり、要素と要素の隙間をいい感じに取ってくれるので強い。
画像に緑の枠があるのは、containerクラスがわかりやすいように、borderを指定しているためです。
本文が決まってない部分にはクラス名を入れて、動きがわかりやすいようにしてます。
containerのなかの要素は、

<div class="container">
    <div class="row">

      <div class="col-xs-6 col-lg-4">
        <div class="box">
          <p>
            健康な人のうんちは80%が水分で、残る20%のうち3分の1が食べカス、3分の1が生きた腸内細菌、3分の1が剥がれた腸粘膜です。
            <br>
            だから、うんちを見れば健康状態がわかる。
            <br>
            自分の出したうんちがどうだったか確認しましょう。
          </p>
        </div>
      </div>

      <div class="col-xs-6 col-lg-4">
        <div class="box">col-xs-6 col-lg-4</div>
      </div>
  
      <div class="col-xs-12 col-lg-4">
        <div class="box">col-xs-12 col-lg-4</div>
      </div>

    </div>
</div>

このようにカラムを指定しているクラスの中にboxクラスを作って、そこにborderを適用することで各要素の大きさがわかります。(茶色い枠のこと) 自分で書くのって本当に楽しい!

早速Gitでやらかす

git cleanしたら必要なものまで消えちゃって作り直す羽目になった。マジで気をつけよう・・・。

まとめ

Git気をつける
Bootstrapすごい
Devise怖い